前人未踏プロジェクト

  • HOME
  • 前人未踏プロジェクト

人口が増加し、社会が拡大していく組織社会フェーズでは、試行錯誤の中から発見した成功法則を標準化し、組織的に展開して量的拡大を目指す方法論が有効でした。
このフェーズでは、過去にヒントがあり、成功法則の伝授が価値提供の中心でした。

しかし、社会にモノがあふれ、人口減少に転じる成熟社会フェーズでは、あらゆる方法論が転換していきます。
過去の成功法則は成り立たなくなり、標準化の効果が下がっていきます。
その代わり、個人やコミュニティに多様な知が埋め込まれていて、状況に応じて必要な知を引き出して編集し、構造化しながら未来を探索する前人未到型プロジェクト支援が、価値提供の中心になってきます。

成功法則の伝授と前人未到型プロジェクト支援とでは、価値提供のプロセスが大きく異なります。

成功法則の伝授プロセス

前人未到型プロジェクト支援プロセス

 

プロジェクトメンバーの声